So-net無料ブログ作成

人生を振り返る① 幼少期の話 [昔の話]


はい、テーマものの記事です。早速始めましょう(前振りはなし)

・生まれてから5歳くらいまでの話

そんなに記憶はないです。(笑)
生まれてから最初の記憶は自分がベビーベッドで目覚めた時の光景です。今でも覚えてはいますが正確にそれがいつだったのかまでは覚えていません。恐らく2~3歳にみた一瞬の光景だったのではないかと思います。

1つ親から聞かされていたのは、僕は生まれてからしばらく、全然話さない子供だったみたいです。
今ではどちらかというとうるさい方なのに、最初は全く逆だったらしいですね。
あまりにも話さない僕を心配され、児童相談所に連れていかれた結果、
何の拍子にか僕は突然しゃべりまくるようになったということです。←

アリアリアーとか叫んでいて
昔から変な言動が目立ちましたが、漢字の読みは幼稚園年長あたりまでに割と身につけ始めていた記憶があります。(身近な地名は少し読めました)

あと、体が小さいことはこの頃からしばらくずっと一番のコンプレックスでした。
今でもそうですが、今は昔ほどは気にしていません。
まあ昔は「チビ!」「チビ!」としか言われませんよ。(その点、東大生だったり頭おかしいっていう属性がはっきり付与されたことにより緩和された感はありますが)
幼稚園は地元の幼稚園です。実名を挙げても大丈夫だと思うので、山王幼稚園と言うところです。
その後中学で同学年になる子たちもたくさん通っていたので、幼稚園時代というのは案外バカにならない重要性を持っていますね。
あ、スポーツチャンバラとかやらされました。僕は弱かったです。あたりまえ体操
バスで送り迎えされていたと思います。当時は幼稚園で働く人の苦労なんて全く分からなかったなぁ。

とまぁ、このくらいかな、思い出して気が向いたら追記していきます。


あと実名は許されそうな範囲でガンガンぶっちゃけていきます。個人名はイニシャルかな。

よし最初だし今日はここまで、次からはきっと長い。たくさん語らないと。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。