So-net無料ブログ作成
検索選択

人生を振り返る④ 小学校の話(中身) [昔の話]


はい、めっちゃ久々の更新だし、話が網羅できてるかわからないけど、適当にパパッと書いていこうと思います。

面倒だし、俺が書きたいように書き残しておくだけだし、前みたいなタイトル付けさえもやめようw


通っていた小学校は、神奈川県の田舎にある少人数の学校です。確か全校生徒が40人くらいまでに減って、「それもはや1クラスやん!」という感じの学校です。
俺の学年は最初11人、卒業時には2人転校していて9人になってましたね。
転校した2人(男子女子1人ずつ)については、その後は一切知らないので書きません。
最後まで残った9人は男子5人、女子4人、男女比は思ったより均等でしたね。

6年間このメンバーでずっと過ごしてました。あと少人数教育だったので割かしみんな勉強はうまくやれたと思います。そこは小学校の良かった点ですね。

まー、高学年になると男女で仲悪くなったり、特定人物のいじめがあったりしましたね。
僕はクラス内では割と中立的な立場にいたっぽいです。まあ女子は怖いとは思ってましたけど、女子が悪いとは思ってなかったって感じでしょう。今とあんまり変わらない感もありますが、当時はほんとにただの恐怖の対象でしかなかったのでやっぱり違う(笑)

僕の立ち位置はさておき、僕の学年における問題以外にも学校全体的にはいくつかの問題(教師による特定生徒のひいき、みたいな問題)がありました。
なんつうか狭いコミュニティ特有の問題も抱え込みます。田舎の学校は閉鎖度が増すと思います。


少し狂言の話をしましょう。皆さん知ってますかね。
能の演目のあ間に挟まれる風刺劇で、室町時代あたりの発達だったと思います。
簡単に言えば伝統芸能における「コント」に対応するんじゃないかと思います。
小学校3年の時に、国語の授業で出会いました。うちの地元は代々狂言座があり、そこの先生が来てくれたんですね。割と面白いと思ったんですよ。それが始まり。

地元は狂言と舞に関して、伝統が残っており、小学校ではそれを残す取り組みとして、それぞれのクラブがあったんですね。基本大多数(といっても10人くらいですが(笑))は舞で、狂言をやる人間は2人程度しかいなかったんですが、そこに新たなメンバーとして入りました。同学年の男子2人と3人で入って狂言により本格的に触れることになります。狂言座に入っている方に来ていただいて週1くらいで指導してもらいました。僕らは普段はセリフを覚えたり指導の復習をしました。

非常にいい経験だったと思います。小学校の文化祭なんかで発表もしましたし、地元の祭りで出し物としてやったこともあります。失敗もありましたが、それも含めて、大勢の人の前で声を出して何かをやるということの経験を積みましたね。おかげであんまり緊張はしません。
小学生の当時は確かに狂言に対してやる気を持っていて、卒業しても続けるつもりでした。
卒業式では1人1人スピーチをするんですが(普通の学校じゃありえないw)狂言の話でやったくらいですから。当時の僕はゲームとそろばんと狂言で構成されていたといっていいと思います。
高校まで続けていましたし、この辺りの話はまた今度で。

一通りバーーーっと書いたけど、実は書こうとして書くのをためらった話のほうが多くて薄い内容になっちゃってますね。もうちょっとえぐい話とかも書いていいんだろうか、決めるのは俺だしなぁ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: