So-net無料ブログ作成

共謀罪と治安維持法を何となく比べてみた [時事ネタ]

何となく気になったから日本史のテキストと、法務省のHP( http://www.moj.go.jp/houan1/houan_houan23.html )を見て考えてみました(笑)
なんかこの2つ似ているとかいう話を聞いたんですが、
あんまそんな感じしなくね?という立場で違うっぽい所を見てみます。

違う所① 名前(そこからかよ)

治安維持法・・・「法」ですね。 そして治安維持、ちょっと漠然としてますw
共謀罪・・・どうやらちゃんとした名前は「組織的な犯罪の共謀罪」というらしいです。刑法等の一部を改正する法律案に盛り込まれた「罪」ということみたいですね。個人的な犯罪ではないと分かりますね。

違う所② 背景と目的

治安維持法の背景・・・普通選挙法の実現と、当時影響力を増しつつあった社会主義です。
治安維持法の目的・・・社会主義(つまりは共産党、大げさに言えばコミンテルン日本支部って感じでしょうか)の影響力拡大と、普通選挙法が実現したことによって可能性が出てくる無産政党の議会進出に対応することが主な目的だったと言えると思います。

共謀罪の背景・・・国際組織犯罪防止条約が採択(国連で採択ですでに発効済み)されたこと。日本はこれに早く加入したいみたいです。
共謀罪の目的・・・一番の目的はこれを新設することで、国際組織犯罪防止条約に加入することみたいです。HPでは第一に書いてあるメリットとしてこちらを書いてます。そして、「また・・・」と続く内容の中に、巷でよく言われている「共謀段階での検挙・処罰が可能になる」という話を書いてます。

違う所③内容

治安維持法・・・天皇制を倒す(社会主義の考え方ではそういうことに繋がっていきます)ことを考えたり、私有財産制度の否認(つまり共産主義ですね)を目指す運動を懲役または禁錮10年以下の刑にする、という内容です。「運動」に対して罰するみたいですね。史料の一部を直接引用すると、「結社を組織し又は情を知りてこれに加入したる者は10年以下の懲役・・・」とあるので、特に結社の組織や加入が対象なのだと思われます。

当初はこういう内容でしたが、その後緊急勅令の形式で改正が行われます。
最高刑を死刑または無期刑とし、結社に関係した協力者も処罰対象(目的遂行罪と呼ばれています)としました。
厳しくして適用対象も広くしたわけですね。これによって、社会主義に運動に何らかの関わりを持った人間がすべて検挙対象となるという状況になりました。目的遂行罪は偉い人たちが「逮捕したい」と思った人を誰でもいつでも逮捕できる合法的な根拠規定になったと言われています。1941年には予防拘禁性が導入されて、刑期が終わっても再犯しそうならそのまま拘留できるようになりました。

こう確認すると、世間の皆さんが「何でもかんでも犯罪の対象になっちゃう」といっている話の根本はこの目的遂行罪の話が関係あるのかなと思いましたね。


共謀罪・・・①長期4年以上の懲役・禁錮以上に当たる重大な犯罪であること
      ②団体の活動として犯罪実行のための組織により行うことを共謀している、又は団体の不正権益の獲得・維持・拡大を目的として共謀していること
      ③この場合における「共謀」が「特定の犯罪が実行される危険性のある合意が成立した場合」であること
以上の3つの要件をすべて満たす必要があるみたいです。治安維持法に比べると要件が複雑で厳しそうな感じがしますね。あと結社の組織や加入をしただけ(何の共謀も成立していない状態)では、共謀罪は適用されないと思われますが、仮に治安維持法がまだ存在していたらもうその時点で捕まってしまうと思います。

・まとめ

共謀罪に該当した場合の懲役がどのくらいかはあんまり分からなかったのですが、
適用範囲に関していえば、確かに共謀罪は治安維持法より狭いなとは思いましたね。
皆さんが読んでどう思ったかはお任せしますが(笑)

目的遂行罪のように解釈次第でバンバン逮捕できるような規定かどうかは、法律解釈の専門家ではないのでわかりませんが、それさえなければまあ大丈夫かなと思いました。

後は治安維持法のように怪しい感じの市民をバンバンどんどん逮捕することが第一の目的ではなく、
国際的な協力体制に加入するのが共謀罪の第一の目的っぽいなということを抑えておいて、
とりあえず今後の成り行きを見つめることとします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。