So-net無料ブログ作成

2月終わっちゃう [毎日のこと]


最後のレポートを提出し、春休みをきちんと迎えました。

先週はバリバリ働いていましたw
貯金がまた増えて、そろそろ働く量を減らしても簡単にはビンボーにならない感じになってきましたね(笑)

上司から「世界は一つの教室」という本を借りて読みました。
サルマン・カーンという人が著者なのですが、この人がすごい。

YouTubeで無料の授業を提供し、教育のあり方を大きく変えるモデルを提示しています。
本の中ではすでにグーグルなどから投資を受けている様子もありましたし、映像というテクノロジーが学校の役割や学習のあり方を抜本的に変えていく日はそのうちやってくると思います。

僕も既にティーチングではなく、コーチングというサポートの仕方に切り替わってきています。
具体的に教科の内容を教えるわけではなく、もっと包括的な学習全体のサポートであったり、メンタル的なサポートであったり。

映像授業に関してはまだまだ難しい点はあるでしょうが、徐々に、少しずつでも変わってくれればいいと思います。

学校の長くくだらなく意味のない授業時間は高校生の時から嫌でした。

授業中に挙手して「授業のやり方が悪いと思います」とわざわざ言ったことさえありました。
もっぱら高校には友達の顔を拝みに行くだけで、勉強は全て学校の外で、主にカフェや塾でやりました。学校のテストも無視をしました。学ランを着るという校則さえ無視しましたが(笑)

その結果僕は東大に受かりましたが、大学の授業も相変わらずです。内職は当たり前、授業に一度もいかず、自分で教科書を読み込んでテストで単位を取った授業もあったくらいです。
基本的に自分で勉強を進めていました。この点は筆者のカーンと全く同じ立場でした。ちょっと嬉しいw

自分のペースで進めればいいんです、学校の都合に合わせて勉強する理由なんてない。
学校は基本的にレベルが低いから、自分にそこを合わせてたら自分まで巻き込まれるだけ。

なんてことを読みながらはっきりと思い出していました。

今はこんな感じで本を読んだ感想みたいなものをサラサラと書いてますが、
昔の読書感想文では、感想をひねり出すのが大変だった記憶があります。こじつけやでっちあげがたくさんあったと思います。
でも、最近は全然違う、感想は勝手に浮かんでくる。読書をすることは何の苦痛でもないし、読めば必ずといっていいくらい得るものがある。それはともすれば忘れてしまうものだけど、そういうふうに浮かんでくるものは、今こうしてブログに書いているように、残しておいたほうがいいとも思いますね。


ガンストも今日、全キャラAに上がって一つの節目を迎えたので、少し将来のことや自分の生き方を意識しつつ新しいことをやっていこうと思います。

勉強系の動画をいくつか作っていきたいと思ってます。
単に自分の培ってきたものを共有するためです。収益はほとんど見込めないと思いますので、ただの自己満足ですが、せっかくなので、少しカーンのスタイルを真似て動画を作ろうかと思います。
1動画10分。
厳密に守れなくても、1回の動画で何時間もかけないように細切れにするというスタイルは踏襲しようかなと。

すでに「解いてみた」という感じの動画はyoutubeにいくつかあって、多いもので1万くらい再生されてました。まあ1万は決して多い数字ではないと思いますが。
で、その動画1つがすごく長いんです。数時間とか。さすがに疲れちゃう(笑)

あとは、必ずしも受験生や高校生に特化したものにならないような配慮がしたいです。
大学生であっても、中学生であっても、大人になっても勉強の必要性はあると思います。
大人になったから学ばないとか行っている人は正直やっていけないと思ってます。
学習のスタイルは変わるし、集中力とか単純な「体力」的な側面は変わりますが、人間は一生学ぶことが出来るし、今は社会教育・生涯教育ということが重んじられてきていますから、せっかくやるなら出来る範囲でそういうものにも配慮をしたいですね。
確かに内容はほとんど大学受験だけど・・・うん

一通り自分の蓄積を出し切ったら、僕自身は新しいスキルを身につけ直しながら、お金を稼ぐことを真剣に始めようかなって感じですが、就活はしばらくは考えてません(笑)

明日死ぬかも知れない人生だし、楽しみながらまったり生きるとします。
そこまでお金には困ってないんだし。


気づいたらまただらだらと書いてしまった、今日はこのへんで~

家庭教師をしていて思ったこと [考え方]


こんばんは、少し日が空いての更新。
今日は家庭教師をしていて思ったことがあるのでメモしておきます。


家庭教師は1件だけですが、11月から持っています。
担当しているのは高校生で、彼は前回のテストで赤点が3つも出て進級がピンチという状況で僕がやってきました。

僕に課せられたのは当然のごとく、次回の定期テストで危なげない点数を取り留年を回避することです。


 定期テストと定期テストの間は1ヶ月~2ヶ月程度、その間に学力をきちんとつけるにはある程度日常的に学習を積む必要がありますが、生徒の彼(Y君としておきましょう)は、僕とY君の母親との間では共有されている危機感が共有されていません。お母様の再三の言葉は虚しく響いているようです。
 テストは3月の頭です。僕の方は結果が残念であればクビになるでしょう。
それがビジネスとしては当然です。ただ、いくら僕がいい指導をしても、最終的にはY君が必要な量の自習をしてくれないと実力は全く付かないし、ほかの科目でコケてしまってもお話になりません。それは僕もすでに先方には共有済みです。一種のセルフハンディキャップというやつです。

 家庭教師の僕がテスト前に教えに行くのはあと1回です。たった90分の指導でどこまでできるのかは疑問ですが、考えの整理のためと、今回失敗したとしても今後また同じようなケースがあった時のため、そして世の中にいるかもしれない同じ悩みを持つ人のために、僕が考えたことを記しておきます。

 家庭教師としてやってきた僕に求められていることは「1ヶ月~2ヶ月という短期的な時間スパンでの成績向上」ですが、勉強の習慣をつけるには通常はもう少し時間をかけなければなりません。 毎日というか日頃から勉強する習慣それ自体はまだしも、自分にあった力になる勉強のやり方を確実にものにするには半年~1年はかかっていいと思います。小学生~中学生の間はそんなこと考えないでもできたりしちゃいますし、半年~1年なら小学生~中学の間になんとかなるだろ!という意見はここでは「そうではないと思う」という意見だけ述べておきます。その年代の間に「自ら考え勉強の方略を試行錯誤する」というのはあまり一般的ではないと思います。

 とにかく僕はY君に自習をしてもらうよう働きかける必要があります。どうすればいいでしょうか?駆け込みの生徒に対して多くの塾がそうする可能性があるし、Y君のお母様が現実にとっているアプローチは「危機感を植え付ける」です。お尻に火をつけて勉強を強制的にさせようというものですね。ですが先程も述べたとおり、これは功を奏していません。
 コミュニケーションでのアプローチが難しい場合は、擬似的に「失敗したらお前はこうなるんだぞ」的な恐怖体験をさせ、より強烈に危機感を植え付ける方法が出てくるかもしれません。例えばY君のお母様は成績が悪いことで学校に呼び出されたことを「屈辱」と言っていました。このあたりが追体験で共有できればY君の危機感を呼び起こせるかもしれませんが、どうやらそういったチャンスは次の定期テストまでにはないようですし、次の定期テストでの失敗はおそらく「死」を意味します。この方法は実現不可能なようですね。また、本人のメンタルがそこまで強くもないようです。過度にストレスをかけるとかえって学習のモチベーションが低下する恐れがあると、Y君と接しているうちに気づきました。

 そうすると、「危機感を植え付ける」というアプローチはどうやら方向性的にうまくいかないようだ、という結論が出てきます。ではどうするか。
 僕に考えられるアプローチは勉強に対して危機感のようなネガティブな印象ではなく、何らかのポジティブな印象を持たせる、もしくは僕のようにネガティブでもポジティブでもないどちらかというとニュートラルな印象を持たせるというものです。
 ベネッセだろうがなんだろうが、多くの学習機関、また教師や予備校講師は「勉強は楽しいものだ!」ということをしきりに謳います。確かに知的好奇心を満たすことは快いですし、勉強を楽しむことは勉強の成果を高めることにつながります。これに関しては学術的なエビデンスもあるんじゃないかと思います。ですが、彼らの多くが謳っていることの多くは「勉強自体の自己目的化」を促しているような印象を僕は受けています。「勉強自体を楽しませる」アプローチは勉強の本来の目的である知識や考え方の修得を本来の目的から二次的な目的に転落させ、代わりに勉強させること自体を第一義的な目的においているように感じるのです。その場の結果的にそれはうまくいっているのかもしれませんが、それだと「勉強のスキルや効率のいいやり方」には何も重きが置かれなくなってしまう(現にそうかもしれません)可能性がある上に、どうしても勉強が楽しめない子供にとっては苦行以外の何でもなくなってしまうアプローチです。そしてそのような子供は多いことでしょう。世の中にはもっと楽しいことがあります。スポーツやサッカー、ゲームにアニメ、旅行に恋愛。上げたらキリがないですね。(笑)
 以上の点で、僕は「勉強を楽しませる、好きにさせる」といったアプローチに対しては異を唱える立場にあります。そもそも僕も勉強なんか好きじゃないです。東大生だって勉強はめんどくさいですし、やらなくていいならやりたくなんてありませんよ、ゲームしたいしデートもしたい(笑)

 では僕は勉強に対してどのようなスタンスをとって向き合い、東大に受かるために3年間勉強をし、大学に入ってからも燃え尽きることなく勉強をし続け、プライベートでも勉強をしているのか。
 先程一言触れていますが僕はどちらかというと勉強に対してはニュートラルな、ともするとドライな捉え方をしています。個人的な言い方を知ると「勉強は仕事=ビジネス」です。
 仕事は辛くても楽しくても、やらなければなりません。それはtaskであり、ある一定の目的のために必要なものです。勉強の目的はざっくり言えば「知識やスキルを習得し、社会でやっていける力を手に入れること」だと思っています。自分磨きですね。こうした目的があるからこそ目的をスマートに(つまり少ない仕事量)で達成するために効率のいい勉強のやり方を調べたり考えたり実践したりすることが可能になると思います。ビジネスとして成功させるために、会議もします。実績の振り返りもします、スケジュールを立てるときにゴールから逆算して行くところも何一つ変わりません。働いている方は特に馴染んでるんじゃないかなと思いますが、締切が何時なのかというところから、各作業の締切を細かく決め、最終的にその日の仕事、翌日の仕事のノルマを決めていくと思いますが、勉強も同じように決めていけます。
 勉強自体が目的ではなく、自分の能力向上など他の何かが目的であること、これがモチベーションが低い僕が勉強を続けてきた理由です。最も、心理学的には、内的動機付けが高い状態(=勉強自体が自己目的化している状態)で外的な動機付け(例えば金銭報酬等です)を与えると内的動機付けが低下するとかいうのもあった気がします。僕には常に勉強よりも楽しいゲームという存在があったので、決して勉強自体へのモチベーションは上がりませんでしたが、最初は外的な目的や動機付けを与えておいて、あとでそれを取り払うということが有効な例も大いにあると思います。そこはケースバイケースですが、やはり「効率の追求」という観点は「勉強の自己目的化」からは得られないような気がするので、卒業や進級をしないといけない学生、大学に受からないといけない受験生、テストや試験で点を取りたい人にとってそういうアプローチをとるのはベストな選択肢とは言えない気がします。遊びで勉強している人はどうぞって感じですね。
 「ドライな」僕からすると、ポジティブにしろネガティブにしろ、多くの人は勉強に対して「泥臭い」イメージを持ちすぎているなと思います。それは単に、勉強に対して「ビジネス的な思考=効率を求める思考が不足している」からです。根性論を始めとして古臭い感じの考え方が蔓延ってるように感じます。ぶっちゃけいって全くセンスがない。それはどんな先進的なベンチャー企業のうつ教育関係の企画からも感じるものがありました(企画自体は素晴らしいんですが、中身に対する考察というか配慮というかが甘すぎる。もちろん「一般受け」と「学問的なエビデンス」は必ずしも一致しないから仕方がないところもありそうですが、それはそれでクソだと思いますw)。最新の研究をしているであろう東京大学の中にいてもどこかそんな感じを受けます(笑)

 ここまで長々と書いたところで本題に戻りましょう。これで「ポジティブな」アプローチと「ニュートラルな」アプローチの立場については話し終え、僕が後者の立場であるところまでは大丈夫でしょう。
 僕は4日後の指導の際、そして同じような場面が今後あった時に具体的にどうするか。すでに今までの指導の際にもしていたなと、今になって気づきましたが、陳腐なことに「相手の理性・理解力を促し、信じながら説得をする」んだと思います。状況を説明し、僕が正しいと考える「自分磨き」という目的と、留年回避という近々に迫った目的のために、「納得した上で」とにかく勉強をしてもらうように促します。ただし、最初に行ったような「ただ危機感を植え付けるような」アプローチはしません。あくまで勉強に対しては「ただ必要だからやる」それだけに留めます。結局は本人の問題というところは変わらないし、説得のスキルも高めないといけないし、問題は山積みですが、ビジネスとしての立場は「超一生懸命説得してもダメなやつは、客としては無理」です。僕にもお客様を選ぶ権利があります(笑)。「結果が出ない」という名のクレームはサービスを提供している僕としては、「こちらは上手くいくように先導しているのに、お前がついてこないんだから当たり前じゃんw」と返すところです(もちろん付いてきて貰えるようにサービスの改善を図ることはするでしょうが、限界はあるでしょう。そしてここは限界の話です(笑))そんなお客様を相手に商売は長くは続かないでしょう。遅かれ早かれどちらかが契約の打ち切りを申し出る未来が見えます。逆にその辺りの結果が出ない原因の分析を間違えず(こちらに対する正当な評価をしていただいているということですね)、教育において短期的な結果を求めるのが難しいということをご承知の親御さんなら、長期的な視点から今後も指導をお願いしてくれることは十分に有り得ると思います。そういう懐の深いケースは塾講師として何度も見てきています。

 書きながら思いましたが、おそらく教育業界においては親御さんの教育観も変えていく必要があるでしょう。塾への駆け込みをしてくる人は未だにたくさんいますが、正直言って手遅れ感がすごい(笑)これも教育においてはすぐに結果を出すのは難しいということが染み付いていないということの表れだと思います。これはさすがに最近叩かれまくりの政府でも分かっていて、きちんと法律にも長期的な視点が組み込まれてます(笑)
 今回は指導日にテストが終わる関係で指導の振替を打診しましたが、「テスト前は忙しいので指導はいいです」という理由で拒否されました(笑)むしろテスト前だからこそ行ったほうがいいのでは・・・という気がするのですが・・・結果が出なかったときはその一要因として挙げさせていただくことにしますかwでも、テスト前に指導をすることで本当に有効なのかどうかは、チャンスがあれば検討をしてみたいところです。本当に有効でないのなら引き下がらないといけないですしねー

 そんなわけで長いけど今日の雑感はおしまい。

コピペ:2/8 ガンストオンリー振り返り [毎日のこと]

同じくGS線の日記からの転用です。
オンリーっていうのは特定のゲームやアニメの同人作品(多くは薄い本たちのことですね)の販売会(他にもありますが主には)的なものだと思ってもらえれば一般の皆さんの理解は足りるかと。


今度はオンリーの振り返りです。さっきよりかは長いはず!(笑)

オンリー(とかそれに類するイベント)に行くのは初めてだったんですが、

とにかく人多かった!
予想していたよりずっと人多くてびっくりしましたね~

あとコスプレの人たちがすごかった。
草陰のコスみて思わず「背高い!」って言ったら聞かれて笑われましたwwww

会場には、知り合いまではいかないけど都内のゲーセンで顔を見かけたことのある方もたくさんいました。
もちろんフォロワーさんにもたくさん会いましたよ~ヽ(´▽`)/

その場で初めてお会いした方とかもいますし、オンリーを通して繋がりが広がった気がします。皆さんに感謝。

特にゆとくんコンちゃんみっちゃんは朝合流する時から夜まで一緒で大変お世話になりました。Special Thanks!

買ったものはニヤニヤしながら大切に楽しんでますw

ゲームは苦手だけど作品は好き。そんな方たちにとってはオンリーは大事な拠り所だと思います。これからも長く続いて欲しいですね~


コピペ:2/7 吉祥寺シャッフルの振り返り [毎日のこと]

まるきりコピペですがこっちにも反映させとこうと思います(笑)


タイトルのとおり、せっかく行ったので記憶が残っている限りで超簡単に振り返り。

・吉祥寺のプレジョには初めて行きましたが、今の家から案外近かった。

・色んなランク帯の方が来ているので見ている分にも割と楽しめた。

・マッチングの組み方とかは今後改良が加えられそうな雰囲気でしたね。

・分けてもらったピザ美味しかったですヽ(・∀・)ノ←

負けてしまったから次は勝ちたいな

お、メチャ簡単にまとまった。(笑) 
企画してくださった方々には本当に感謝です。

東大の卒論検討会! (in教育学部教育心理学科) [毎日のこと]


ここ最近、イベントが連続していてブログの消化が追いつきません(笑)

順番にゆっくり消化していこうと思います。
まずは、6日に東大で行われた卒論検討会の話から。

卒論検討会が何なのか知らない方も読んでいるかもしれないので、簡単に書いておくと、
4年生が1年かけて行った卒業研究・卒論の内容を教授陣の前でプレゼンするイベント
のことです。1人持ち時間7分くらいしかなくて、時間的にも結構しんどい(まとめるのが大変)みたいです。
3年生の僕は出席が義務だったので行きました。(まあ、そんなこと言われても出席しなかった人はいますwww大学なんてそんなもの)

卒論検討会では、発表のあとに教授陣からコメントや質問が出されるのですが、これは「助け舟」や「ねぎらいの言葉」にもなれば、「槍」にもなることがあるようですヽ(;▽;)ノ

卒業後も院に進んで研究を続ける方にとっては(みんなかもしれませんが)、何も言われないよりかは言われた方が有難いようですが、でもやっぱメンタルには負担だと思います(^^;)

来年は卒論に携わるので、なんとか教授陣の発言をすんなり捌き、受け入れられるような準備をしたいと思いつつ、卒論検討会を眺めていましたが、教授陣の発言はどうやら「研究のデザイン的にここが微妙」とか「こうしたら良くなる」とか「これだと結果から何も結論できない」とかそういうアドバイス的なものから、「こうして欲しかった」「こういう方向性がいい」とかいう要望に似たものが基本ぽいなという感じでした。

というわけで、僕の中では
・自分の研究の限界をできるだけ客観的に把握しておくこと
・目的や意義がブレてない研究にすること

を意識していくのがいいかなという結論になり、それが出たところで途中退席しました(笑)



やはり、1人の大学生が、まともに有効な知見を導き出せるほどの研究をするのは難しいものがあるんだと思います。予算や人手など現実的な意味で。
特に心理学の分野は、「実験装置や適切な手続きがそろっていれば、時代や社会的な文脈に関係なく予想通りの結果が得られやすそうな」化学反応や物理法則とは違って、時代にも、社会的な文脈や対象者の年齢・性別にも影響を受けることが大抵なので、尚の事難しいんじゃないかと思います。

だから、「一本筋を通した研究を行い、かつその限界を把握しておくこと」という、結果よりも過程に重視された姿勢が強調されるんじゃないかなぁって思います。

軽く一般化しちゃうと、「求めてもしょうがないもの、無理なものは追求しないけど、代わりに、求められるものはしっかり追求する」っていう、多分、当たり前の話でした。←



次か次の次の日記はガンストの日記になりそうですが、GS線(ガンストのSNS)に書くのとどっちが良いんだろう。コピーしてどっちにもアップしちゃうのがいいのかな(笑)

脳内で結論が出たので、手抜きの複製をしているかもしれません。
ではでは今日はこのへんで。(実は1度記事が吹っ飛んでこれ書くの2回目なんですもう疲れたw)


タグ:卒論

おバイト [毎日のこと]


書くことがなくたって、ブログは更新してみせる・・・!
どうも、生きる証を残したいオタピーです。


今日は、

起きる(うなされる)→バイト→バイト先ランチ→仕事→仕事上がり後輩とご飯→ガンスト少し
→帰る→なう

です。普通の1日(笑)

食べたものはこんな感じです。ツイッターから引用を使ってみます。



こんな機能もあるんですね~

朝はめちゃくちゃ弱くて、今日もうなされて起きたんですが、

夢の中で、教育実習の先生になっていて(リアルでは全然なる予定無いですが)


夢の中でこどもに「諦めたいフリしてるだけでしょ?」とか言われて、叱咤されてました。
Oh・・・子供怖い(ガクブル

明日もバイトです。頑張りますね

もっと暇があれば動画作ったりするんですけどねー
微妙に忙しい。

目標にしていた統計の勉強さえ早くもヤバイwwwww
いつになったら隠居できるんでしょうか、早く隠居したいです。

ではでは今日はこの辺で~
タグ:ランチ

今学期のテスト! [毎日のこと]


さてさて、なんとか更新にこぎつけたぞ

今日は今学期最初で最後の期末試験に無事行ってきました~
1限からだったのに起きれたんですよ!もうそれだけで拍手(笑)

1限と2限がテストだったんですが、
1限は教育法のテストでした。

せっかくなので、問題の内容を少し紹介します。

まず、教育委員会についての問題が出されました。

教育委員会制度は、従来、教育委員長と、教育委員の中から選抜される教育長という役職のどちらが教育委員会における責任者なのかがイマイチ判然としなかったり、
教育委員会がまともに機能していないのではないか、という声があったりと、
まあとにかく問題を抱えていたんですね。

そこで、それらを解決すべく、4月から新しい教育委員会制度が発足します。

試験で聞かれたのは、おもにその変更の内容と趣旨ですね。
まあ多少漏れはありますが、そこそこのことは書いたと思います(^-^)/

もう1題は教育行政についての問題でした。
この授業では毎年必ず出される分野の問題らしく、
ずーっと昔にあった「永山中学校学力テスト判決」っていうのを扱ってます。

教育行政は教育の具体的な内容にまで立ち入ってよいのか、という点が大きな論点としてありましたねー

結論としては、国は公共の利益に応えるため、必要かつ相当と認められる範囲であれば教育の内容に踏み込むことは憲法に違反しない、という感じです。(答案にはそんな感じのこと書いた気がしますが、違ったら怖い!やばいwwwwwwwwwww)

あとは小さい問題が1つ出されましたけど、まあ教員の給料は県で負担してますよっていう制度の話なんで大したことはなかったです(笑)

そんなこんなで、90分でA3くらいの用紙を1枚半文字で埋めました(笑)
多分800~1000字くらいは書いたんじゃないかなー
朝からお疲れ様って感じですww

2限は「推論の心理学」って授業で、人間がどういうふうに推論をしてどんな風に間違えるのかみたいなことについての授業でした。

これの対策がそんなにやってなくてヤバかった・・・

いや、テスト自体は「ちゃんと勉強していれば10分で終わりますよ!」とか先生が言ってくるくらいボリュームも質も無くて、学校の小テストみたいな感じだったんですが、
テキトーにしか準備していなくて、

10問程度の選択問題が1限の圧倒的な論述問題よりも難しく辛く厳しい戦いに感じました←

答えには自信がありません。オワタ

周りの人みんな一斉に途中退室していくし・・・僕は周りより10分遅れくらいで退出しましたw

1問の配点高いから4問くらい間違えたら単位来なくなっちゃうんですよ!
不可ワンチャーンwwwwwwwwww


そんなこんなでなんとかテストを終え、レポートを1つ提出し、
金曜日に行われる、先輩方の卒論検討会の要旨を受け取りました。

お、重い・・・

教育学部全員分のまとめてんのかよ、そりゃ重いわ

で、帰って今日は仮眠をとってからバイトに行きました。
本当は課題やろうと思ってたんですが、寒くて布団にこもってたらそのまま寝てしまってました。

顔にエアコンにあたりながらだと悪夢しか見ないんだよな・・・学んだ←
頭は寒くして足は暖かくしないとね、睡眠は


で、バイトから帰ってゆーーーーっくりシャワーを浴びて今に至ります。
今月は暇できるかなと思ってたら、バイトに遊ぶ予定でもう忙しいです。死んだ・・・

就活は多分できませんね、遊ばないとw

ではではそんな感じでほぼ春休みになりました、明日からもとりあえず生きていきます


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。